知り合いや家族に内緒で債務整理するには?

借金を抱えて返済できずに困っても、家族には心配をかけたくないとか、職場の同僚や友人に知られたら信用を無くしてしまうかもと考えて、誰にも相談できずにいる方が少なくありません。
ですが、その状況を長引かせれば、秘密にしたい借金苦が逆に家族や知り合いに知られてしまうことになります。
最初は督促ハガキ程度であっても、返済遅滞が長期化するにつれ、督促状の数が増えたり、毎日のように自宅に電話が入ったり、職場に督促の訪問をすることもあるためです。
借金を抱えていることも、その返済に窮していることも、誰にも知られずに内緒で債務整理したいなら、任意整理を選んでみてはいかがでしょうか。
任意整理は貸し付けをしてくれた債権者と借りている債務者の間で、話し合いによって債務の減額と無理のない分割返済を合意する手続きです。
もっとも、返済義務を負っていて立場が弱い債務者は話し合いに不利な状況にありますので、円滑な合意を得るために弁護士や司法書士などの借金問題解決のプロフェッショナルに手続きを依頼するのが一般的です。
こうした法律家には守秘義務があるため、一緒に住んでいる家族や配偶者といえど、情報が漏れることはありません。
一方、法律家が任意整理を受任すると、債権者は一切取り立てができなくなります。
そのため、自宅や職場に電話がかかることも、担当者が訪れることもなくなりますから、誰にもバレずに債務減額に向けて交渉を行ってもらえるのです。