債務整理の種類と特徴

任意整理

任意整理は裁判所を利用せずに当事者同士の話し合いによって借金問題を解決する方法です。
借金の金額が比較的少ない場合によく取られる方法で、双方の合意による和解交渉ということになります。
任意整理は債務者本人が交渉に当たることも可能ですが、交渉相手が消費者金融などの法人の場合には個人の力だけでは合意に持ち込むことが難しいのが実情です。
そのため、多くの場合は債務者の代理として弁護士が交渉に当たります。
和解が成立すると引き直し計算が行われて借金を減額することができたり、元本部分だけの返済で済ませることができます。

特定調停

特定調停は裁判所が仲介して行われる債務整理の方法です。
借金をしている件数が少ない場合によく取られる方法となります。
任意整理では債務者本人が債権者との合意を取り付けますが、特定調停では裁判所に選任された調停委員が交渉に当たることになります。
国の機関を利用するので弁護士などに依頼するのと比べると費用が安いのも特徴の1つです。

民事再生

借金の額が多かったり、借入件数が多い場合には民事再生が行われます。
民事再生は裁判所の決定によって行われますが、裁判所の決定には法的拘束力があるため、話し合いで解決が難しい場合も債務整理が可能になります。
また、民事再生には住宅ローン特別条項があり、住宅を失うことなく借金問題を可決することができます。
このように非常に便利な制度ですが、手続きを行うためには安定的で継続的な収入があることが条件になります。
ですから、無職の人などがこの手続きを行うことはできません。

自己破産

借金の金額があまりにも大きすぎて返済の見込みが立たないという場合には自己破産が行われます。
裁判所に免責を認められればすべての借金から解放されることになります。
ただし、現在所有している財産については全て処分されることになりますので注意が必要です。
手続きを開始した時点で取り立てが止まったり給与の差し押さえを止められたりといったメリットがありますが、その一方で官報に名前が記載されてしまったり免責が許可されるまでは一定の職業につけないといったデメリットもあります。