借金は自分で整理するのは困難

貸金業者に相談しても応じてくれない

会社の不況により、給料が20%も減額されてローンの支払いができなくなりました。
キャッシング2社から、それぞれ100万円借りていたのですが、利息だけの支払いもできなくなり、業者に相談することにしたのです。
ここで現在の経済状況を伝えて、返済を猶予してくれるようにお願いしたのですが、期日までに返済してくださいの一点張りです。
まったく話が前に進まないので、これではラチがあかないと思って弁護士に依頼することにしました。

弁護士への相談は抵抗があるもの

一般の人が弁護士に相談することはほとんどありません。
そのため、弁護士は怖い人というイメージがあったのですが、実際に会ってみると普通の人です。
借金の相談をすると、債務整理すればすぐに請求・取立てはストップすると言われました。
借金に苦しんでいる方にとって、このメリットは非常に大きいでしょう。
私自身、日常生活に支障が出るほど借金に悩んでいたので、何の迷いもなく債務整理を依頼することにしました。

弁護士報酬はどのくらい?

債務整理の弁護士報酬は、各事務所によって変わってくるようです。
利益重視の大手だと、相談無料なんてところが多く、地元の小さな事務所は有料のところが多かったです。
ただ、いずれも依頼するとなると有料であり、報酬を大きく左右するのは成功報酬でした。
減額した借金の何%を報酬として支払うかにより、債務整理のコストも変わってくるのです。
事務所によって10%、20%、25%などさまざまで、私が依頼した事務所は、10%と非常に良心的でした。

任意整理で借金の悩みを軽減

弁護士と相談した結果、任意整理という方法で借金を解決することになりました。
借金総額が比較的少なくて、毎月収入があること、などが理由です。
任意整理をすると、利息がゼロになって元金だけの返済になりました。
さらに過払い金が170万円も発生していたので、借金は実質30万円となりました。
弁護士への手付金4万円と成功報酬17万円を考慮しても、200万円の借金が51万円まで減額されたのです。
149万円も借金が減り、その後の生活は一気に楽になりました。